ビジネスの成功にデータ収集の属人化を防ぐシステムを導入

DMPシステムネット

CRMとの違い

男性とPC

収集する情報が違う

DMPと同列に語られることもある、顧客情報を集積する仕組みとして名高いCRMというシステムがあります。
これらのシステムは、収集する情報が違うため、利用する目的も使い方も全く違います。
DMPにおいて収集することができる顧客の情報は、ウェブサイトを閲覧している環境や滞在時間など、ある顧客がウェブサイト利用においてどのように行動したか、という情報です。
それに対して、CRMとはすでに購買履歴のある顧客の購買内容や来店目的などを集積して、既存の顧客との関係性を記録して活用するための情報を扱います。
ですから、顧客情報と言っても意味が多岐にわたることと合わせて、DMPもCRMも全く目的が違っていることに注目することが欠かせません。

連携できることの強み

DMPの中には、既存顧客の情報を集積したCRMと連携することができるようなシステムもあります。
このシステムを利用することによって、DMPで収集したオンライン上のアクセスログから見える顧客の姿と、CRMで収集した既存顧客の姿を重ね合わせることができます。
特にその連携が有用な例として、ログインを行うようなウェブサイトにおいて会員IDとCookieを連携させることができれば、CRMとDMPのデータをリンクさせられます。
そうすることによって、DMPを単体で運用するよりも情報の有用性と精度が大きく跳ね上がります。
CRMを運用してビジネスを行っているときにDMPを導入するならば、連携性にも注目してシステムを選ぶとよいです。

↑ PAGE TOP