ビジネスの成功にデータ収集の属人化を防ぐシステムを導入

DMPシステムネット

ロックオンする力

マウス

知り得なかった情報

DMPの導入によって大きく変わるのは、オンライン上で自社ウェブサイトを利用している顧客の姿を知ることができるかどうか、という点です。
従前においても、ウェブサイトをオンライン上で公開している人にとってアクセス解析を行うことが非常に大切なことでした。
人気のあるウェブサイトを公開したければ、来訪者のことを知ることが重要だといわれてきたことはダイヤルアップ接続時代から変わりません。
それは、アクセス解析によって日々のアクセス数を知って、どんな人がウェブサイトに来ているのかがわかれば、公開しているコンテンツの人気を知ることができるからです。
DMPを利用することの意味の大筋は、このアクセス解析を行うことの重要性に沿っているといえます。

クロージングのページ

DMPを企業が導入するべき理由は、企業のウェブサイトには一般の個人ページと違ってアクセス解析だけでは効果が足りないという点にあります。
人気のあるウェブサイトとなる必要性が高いのは企業でも一般でも、ウェブサイトに情熱を傾けている場合は同じです。
しかしながら、企業と一般の違いは、ウェブサイトを通してお金にしなければならない、ということです。
一般人が公開しているウェブサイトのベクトルには、自分の趣味や公開したいことをオンライン上に掲載して、自己満足を果たすという目的があります。
結果としてお金がついてくることもありますが、どちらかと言えばお金を生むことよりも人気を獲得することのほうが大切です。
それに対して、企業のウェブサイトが保有する存在意義は商品を売ること、サービスを売ること、それ以外にはありえません。
イメージアップを測ったりサービスの紹介をしたりするために、様々なコンテンツを公開する目的も、最終的には商品を買ってもらいたいからです。
ですから、人気コンテンツになることは前提条件として、さらにその次の次元となる、消費者が求めるものを理解したコンテンツ提供をDMP経由によって行うことが必要です。
そのために、DMPによってコンテンツの分析を行って、どんな人がどんな目的でコンテンツを閲覧しているのかを知ることが必要です。
DMPが持つウェブサイト来訪者の情報を収集できるという機能でターゲットをロックオンして、相手にあわせたコンテンツ提供ができます。

↑ PAGE TOP