ビジネスの成功にデータ収集の属人化を防ぐシステムを導入

DMPシステムネット

ページ表示の使い分け

ネジ

求められる情報は違う

DMPによってユーザーによってウェブサイトの表示項目を変化させることも、的確な広告アプローチを取るために欠かすことができません。
ある製品を取り扱っているウェブサイトをユーザーが訪れる目的には、様々なケースが有ります。
・製品の名前は今まで知らなかったが、何らかの事情でウェブサイトを閲覧するきっかけが生まれたケース
・今まで製品を購入したことはないものの、興味が湧いてウェブサイトを閲覧したケース
・製品の購入を悩んでいて、何回かこれまでにウェブサイトをアクセスしているケース
・何らかの製品紹介を行っているウェブサイトのリンクから、明確な目的を持ってウェブサイトにアクセスしているケース
・すでに製品を購入して利用している、リピーターに該当するケース
この他にもウェブサイトを来訪する目的は考えられますが、自分自身がウェブサイトを利用する目的の多くはこのどれかに該当すると考えられます。
そして、これらのニーズに合わせたウェブサイトの設計は、確実に違った設計になっている方が良いです。
DMPがユーザーの行動履歴を収集してくれると同時にユーザーのアクセス理由を判断して、自動的に表示されるページの選択を行ってくれる機能を搭載していることもあるのは、この理由からです。

複数ページの必要性

DMPを活用してユーザーを分析して、違ったウェブサイトを表示できるように複数のページを公開する必要性は高いです。
まだ商品を知らないユーザーに対しては基本的な商品情報を表示させるべきで、リピーターにはもっと継続的に商品を利用したいと思わせる情報が表示される方が良いことは想像に難くありません。
このように、相手に合わせてウェブサイトを表示できるように使い分けられるのも、ユーザー情報を収集できるDMPを利用したからこそ得られる結果です。
DMPを利用することで、もっと的確な広告を表示できます。

↑ PAGE TOP