ビジネスの成功にデータ収集の属人化を防ぐシステムを導入

DMPシステムネット

広告テクニックに活用

犬

空撃ち広告時代の終焉

DMPというシステムが導入されることによって変わることは、顧客一人一人に合わせた広告戦略を立てて実行できるようになるということです。
今までは広告の効果は、広告を考えた人間の感性によって左右される部分があると考えられてきました。
良い広告を作ってとにかく人の目に触れさせることができれば商品は売れる、そう思われていた時代が確かにありました。
ですが、今では市場は成熟して広告は飽和状態にあります。
広告を空撃ちでもいいからとにかく表示させることよりも、相手をしっかりと絞って広告を出すことのほうが効果的かつ経済的な結果が生まれる時代になりました。
そこで、広告を作る人間のセンスではフォローしきれない、顧客のニーズを正確に解析することができるDMPが効果を発揮します。
広告を狙い撃ちするためには属人化された業務ではなく、システム的に精度の高い解析をDMPによって行って、確実な成果を上げることが必要です。
空撃ち広告時代の終焉と同時に、理論的かつ的確な広告の利用が必要なテクニカル広告時代が始まったといえます。
そこで活用できるのが、顧客の姿をだれでも可視化することができるDMPです。

再訪を促す広告

DMPを導入することによって効果を期待することができるようになる広告手法に、再訪を促す広告として利用されるリターゲティング広告という手法があります。
リターゲティング広告とは、あるウェブサイトを閲覧した人に対して、そのウェブサイトの広告を他のウェブサイト上で表示させる広告です。
この広告を的確に働かせるためには、DMPが収集できるユーザーのアクセスログなどが絶対に欠かせません。
DMPによってユーザーの行動履歴がわかることが、ユーザーの行動に合わせた的確な広告の表示を実現します。
以前に閲覧したウェブサイトの広告を違うウェブサイト上で表示させるようにするために、DMPによる行動履歴の収集が欠かせません。

↑ PAGE TOP